ビフィズス菌と乳酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌を同じものと考えている人もいるようです。しかし実際にはこの2つは違うものでありその辺もう少し深く掘り下げてみましょう。

 

ビフィズス菌ビフィズス菌の違い
ビフィズス菌は人の腸内に多く棲んでいる善玉菌の1つです。人の腸内は約1〜10兆のビフィズス菌が棲んでいるのです。乳酸菌は1億個〜1000億個と、ビフィズス菌の100分の1〜10000分の1の数と言われています。特にビフィズス菌は人の腸に棲みつきやすい善玉菌ということになりそうです。

 

また乳酸菌は糖を分解しながら乳酸を作り出して代謝します。ビフィズス菌も乳酸菌と同じように糖を分解して乳酸を代謝しますが、ビフィズス菌はそれだけでなく酢酸も代謝するのです。そして菌の形もビフィズス菌はYやVのような分岐した棒状の形をしていますが、乳酸菌は乳酸球菌という球型と棒状の乳酸桿菌があります。そしてもう一つ、ビフィズス菌は強い殺菌力と酢酸、ビタミンB群、葉酸を作り出すことができます。

 

ビフィズス菌と乳酸菌の似ている点
ビフィズス菌も乳酸菌も人間の腸内に存在しています。またいわゆる腸内善玉菌と言われているものです。そしてヨーグルトなどの乳製品に配合されていることも多く、腸内環境を改善する効果の高い細菌です。そして同じように糖分を分解して乳酸を代謝するというところもとても似ています。

 

また動物性乳酸菌とビフィズス菌はどちらも酸素のあるところでは生きられません。また熱や塩分、酸などにも弱い性質です。ちなみに植物性乳酸菌は酸素があっても生きられ、また熱にも酸にも強い性質を持っています。

 

乳酸菌とビフィズス菌は違うものであり、同種のものとも言える
乳酸菌の定義は「グルコース(糖)を分解し、代謝物の50%以上が乳酸であること」というものです。つまりこの定義にはビフィズス菌も入ることになり、広い意味ではビフィズス菌と乳酸菌は同じ仲間と言えます。そして厳密には別の細菌ということなのです。

 

しかし最近は書物やネットなどには、この2つを分けて書いているものと、乳酸菌ということでまとめて表わしているものあります。特にビフィズス菌や乳酸菌だけを指すときには、別々に分けて表わすというふうに使い分けている場合が多いようです。

 

ビフィズス菌は生まれて数日でどんどん増える
赤ちゃんが誕生すると、1日〜2日は大腸菌などの悪玉菌が棲みつきだします。そして誕生2日目ぐらいから母乳に入っているビフィズス菌が大量に棲みつき出し、数カ月で赤ちゃんの腸内の90%以上ビフィズス菌となり、生涯で一番善玉菌が多い時代となるわけです。