ビフィズス菌を増やすには

ビフィズス菌は毎日変化しています。そのため毎日の腸内環境のケアがとても重要だと言われています。腸内フローラはその人の健康をすべて司っているとも言われています。そのためにもビフィズス菌をしっかり増やすようにしていきましょう。

 

ビフィズス菌は腸内のほとんどを占めている善玉菌

わたしたちの腸内のほとんどを含めているのは、さまざまなビフィズス菌と言われています。腸内フローラを良い状態にするには、ビフィズス菌を増やすことが大切です。しかしビフィズス菌そのものをプラスするだけではなく、悪玉菌を弱らせる効果を持つ乳酸菌の摂取も重要です。

 

そして死菌となった乳酸菌はビフィズス菌の栄養にもなります。このようにビフィズス菌を増殖させるためにはビフィズス菌を摂取するだけでなく、悪玉菌を減らすものを摂取することも大切です。またビフィズス菌や乳酸菌などの、善玉菌の餌になるオリゴ糖などを補給することもおすすめです。

 

腸内環境の改善には食物繊維も

腸内環境を良い状態にするには、食物繊維も大切です。特に便秘は腸内環境を悪くする原因にもなります。また腸内環境が悪くなると腸の働きも低下し便秘になることも。つまり腸内環境の悪の連鎖となってしまうのです。そのため便秘を改善することは、腸内フローラを整えるためにも大切になります。

 

特に水溶性食物繊維は水を含んでツルンとした状態で腸内に降りていき、それによってたまってしまった便もツルンと排出してくれます。重度の便秘には水溶性食物繊維はとても効果が期待できます。ヌルヌルした野菜やきのこ、海藻などに多く含まれているので意識的に食べるといいでしょう。

 

サプリを飲めばいいのか

乳酸菌やビフィズス菌のサプリは確かに確実に腸内に届き、効果を発揮してくれます。しかし基本はやはり食事であり、できるだけ腸内環境ケアを考えた食生活を意識した上で、サプリを摂取するとベストではないでしょうか。また腸内環境は食べ物だけでなく、適度な運動、しっかりとした睡眠、生活リズムは重要です。

 

ビフィズス菌にも相性がある

ビフィズス菌や乳酸菌にも相性があります。それぞれの腸内フローラが違うように、腸内フローラに準じたビフィズス菌や乳酸菌はとても相性がいいと言えます。つまり人によって相性の良いビフィズス菌や乳酸菌は良い影響を与えてくれますが、あまり相性が合わないタイプのものは排出してしまいます。

 

そのためヨーグルトでもサプリでも摂取して1カ月程度で、効果があまり感じられないときには、他の種類に替えてみるのもおすすめです。