ビフィズス菌を増やす食品

ビフィズス菌は年齢とともにだんだん減ってきます。またいつも便秘などが起こりやすく、腸内環境があまり良い状態ではない人なども多いのではないでしょうか。そのためビフィズス菌を増やすことを考えるべきですが、そのためにどのような食品を摂取すると良いのでしょう。

 

ビフィズス菌そのものを摂る

ビフィズス菌が減ってきているため、ビフィズス菌そのものをしっかり腸内に入れるという方法があります。ヨーグルトにすべてビフィズス菌が入っているわけではありません。ビフィズス菌配合のヨーグルトを選ぶとビフィズス菌が摂取できます。またビフィズス菌のサプリでも摂取することができます。

 

ビフィズス菌を応援する食べ物

ビフィズス菌を増やすためには、腸内環境を良い状態にするものもおすすめです。腸内環境が良くすることは、ビフィズス菌を増やすということです。そこで腸内環境を良くする者と言えば、まず乳酸菌ではないでしょうか。乳酸菌は腸内に定着しなくても、数日の生存期間にしっかり乳酸を代謝し悪玉菌を抑えてくれます。それによってビフィズス菌も活発になっていくというものです。

 

乳酸菌はヨーグルトのような乳製品に多く含まれますが、他にも漬け物などからでも植物性乳酸菌が摂取できます。またサプリでも摂取することができます。そして乳酸菌は死菌になっても、ビフィズス菌など善玉菌の栄養素になるので、さまざまな方面からビフィズス菌を応援します。

 

他にもラクトフェリンなども腸内の悪玉菌の活動を抑えてくれます。鉄分と結合する性質のラクトフェリンは、増殖するときに鉄分が不可欠な悪玉菌にとって、とても嫌な存在となります。ラクトフェリンの場合は食品からは摂りにくいのでサプリから摂るようになります。

 

ビフィズス菌の餌を摂る

ビフィズス菌や乳酸菌などの、餌となる成分を摂るという方法もあります。ビフィズス菌や乳酸菌などの餌というとやはりオリゴ糖です。パウダー状や液体のオリゴ糖もありますが、オリゴ糖が多く含まれている食品を摂ることもおすすめです。

 

野菜ならタマネギやごぼう、アスパラガスなどにオリゴ糖が豊富に含まれています。また大豆にも豊富に含まれているので納豆や豆腐、豆乳などもおすすめです。そしてフルーツではバナナ。他にも牛乳やハチミツにも豊富に含まれています。これらを意識的に摂取すると善玉菌がエネルギッシュになりビフィズス菌が増えることにつながります。

 

食物繊維で腸内環境をサポート

食物繊維の多い食品を摂って便秘を改善することにより、善玉菌を活性化するという方法です。野菜やきのこ、海藻、コンニャクなどにも豊富に含まれているので、これらをしっかり意識的に摂取するようにしたいものです。